otom

FUJI ROCK FESTIVAL ’08

FUJI ROCK FESTIVAL ’08

category: Live, Music, Post Rock, Shoegazer

tags: , , , , , ,

Jul,27 2008 5:30 AM

FUJI ROCK FESTIVAL '08-01

いやはや、勢いって怖いですね。
行ってきました、'97の天神山、'98の豊洲についで約10年ぶりのフジロック参戦です。
全く行く予定ではなかったんですが、my bloody valentine観たさに前日24日の20時頃に突然の決意をして早速チケットを探すものの、当然の事に購入はできず。
それでも一度火がついてしまったものは戻せずに、翌朝5時過ぎには地元駅を出発、越後湯沢着は8時くらい。
一日で何度となく考えの甘さを痛感させられたのですが、先ず手始めに予想以上にバスが混んでいて早くもグッタリする。
それでもなんだかんだで苗場に着いたのが9時頃、ちゃんと当日券もゲットしてなんとか入場。
これで当日券なかったら越後湯沢観光をして帰るつもりだったので、結果オーライで良かった良かった。

それにしても初の苗場はとにかく広い。エントランスからGreenステージに行くまでが結構ある。
前々日からずっと睡眠不足の上になれない所へ来た疲れもあって、とりあえずはGreenステージ後方の木陰にくつろぐ場所を作る。
ここでも考えが甘かった。ピクニック用の半畳くらいのシートしか持ってきてなかったので、とりあえずゴミ袋等を広げて寝る場所を作る。
あたりを見回すとみんなでっかいシートに重装備な感じで、我々がいかに山をナメていたかが露呈する。
次回参戦はちゃんと用意する事を決意する。

で、朝10時にして疲れ切っていたので、お目当その2で夕方のmice paradeまでひたすらぼんやりとする。
14時頃に観る予定はなかったけれども、くるりが始まったので木陰のシートより眺める。
予想以上に選曲も演奏も良く、段々とテンションが上がって来る。
それからシート等を片付けてField Of Heaven方面へと足をのばす。
とにかく初苗場で思った事は、ちゃんと飽きさせない様になっているなと。さすが12年やっているだけはある。
マイブラ来なかったらフェスなんか行きたくなかったのだけれども、これなら楽しいかもしれない。
Jason Falknerが始まるあたりで、Field Of Heavenに到着。ぼんやり眺めているうちにとうとう雨が降る。
今回、最大の失敗としてレインコートを忘れると云う問題があったので、動じない周りをよそに慌ただしく雨対策。
冬物のアーミーパーカーなんぞを持参していたのでなんとか乗り切る。幸いな事に山の寒さもあったので助かった。
18時半頃よりmice paradeを観始める。
マイブラのついでみたいな感じだったつもりが、夕暮れ時の雰囲気と見事な演奏でそれはもう素晴らしいものだった。
個人的には"The Boat Room"が聴けたら更に良かった気はするけれど、演奏しないのも仕方ないか。
最後には原田郁子も登場。この頃にはフェスっていいなーと思い始める。

それから遥々とGreenステージ方面に戻り始める。道中、各所のライトアップを眺めつつ歩いていると、
ここでもちょっとした不運で持ってきたペンライトの電池が使おうとした瞬間に切れる。もはや笑いしかおこらん。

FUJI ROCK FESTIVAL '08 mbv-01

FUJI ROCK FESTIVAL '08 mbv-02

KASABIANには目もくれず早めに行って結構良い場所を確保。
理想はPAの前が良いとは思ったが、前に人の頭が来て苛々するのが嫌だったので、苦渋の決断の末にちょっと高台の一望できる場所へ。
マイブラの30分くらい前よりモニターに"NEXT UP、my bloody valentine"と出た途端に会場がおおーっ!!っとなる。
うむ気持ちは良く分かる。
この時点でも本当に出てくるのか半信半疑だったが、21時半にはマイブラの面々が登場。
素直に、こんな日をどれほど待った事か。
一曲目は"i only said"から、目の前でマイブラが演奏している事に呆然となる。
考えてみたら"you made me realise"のepからの選曲が多かった気がする。
とっても好きな"cigarette in your bed"はちゃんとやってくれて良かった。
マイブラが再活動してからのライブで"to here knows when"をあんまりやっていない感じがしていたので半分諦めていたら、
なんと超ロングヴァージョンで演奏。
最後の部分をひたすらケヴィンは引っ張る引っ張る。
マイブラと言ったら"you made me~"か"soon"か"to here~"と思っているので、
まず"to here knows when"が出てきた事はかなり嬉しい。あまりに気持ち良過ぎる。
同様に"soon"も長さもなかなか。さすがのケヴィン、長くやる事に意義があるのだ。
"you made me realise"は尺の問題があるので、これもないだろーなと思っていたら、ちゃんとライヴヴァージョン!! での完全演奏。
まさかまさかとは思いつつ中盤の轟音を20分くらいやっている間は失神しそーになりました。
本当になにか別のもんが見えてくるような。とゆーか音楽で宇宙が見えた。

簡単にいままで自分が観たライブのベストをあっさりひっくり返した訳であるが、今後のフジとか考えると不安にはなる。
26、27日見てもマイブラ見ちゃうと半減な感じがする。プライマルを2回やられてもなーって感じ。

Greenステージ終演後、電気のライヴを見るべく移動するもあまりの人の多さにうんざりして引き返すと案の定、
入場制限がかかっており、向かってくるのを横目になんとか抜け出す。
なんかもう何も観る気が起きなかったので、2時頃にはバスに乗り込んで越後湯沢の駅へ。
ようやく人から解放され、静かに始発を4時間くらいかけて待つ。

地元に着いたのは10時前くらい、それからはもう泥の様に眠る眠る。
勢いも時には大事と云うか、動く時は一気に動くもんなんだなぁとボンヤリ思う今日この頃である。
ともかく行って良かった。