otom

ハイファイ新書 / 相対性理論

相対性理論

category: Live, Music

tags: , , ,

Mar,19 2009 10:00 AM

今年の初めあたりから異常にはまっている相対性理論。
思わず10年ぶりくらいにEPとアルバムの収録曲をすべてギターでマスターする。
自分の中で完全に冬眠状態だったギタリストの血が騒ぎまくった様子。

そんな訳で前回公演の"実践 III"の抽選が見事はずれ、
途方に暮れたところにムーンライダーズのゲストして参加する公演があった為、急いでチケットをゲット。
晴れて昨日、初体験の相対性理論。

場所は新宿ロフト。やたらいるオッサン達にまみれて窒息寸前。
ほぼ定時にスタートは「地獄先生」より。
はじめて見る生やくしまるえつこさんはなかなかかわいらしい感じ。
ペットボトルの水を両手を添えて飲んでいたのが印象的。
メンバーの皆さんもなかなかのイケメン揃いで、ブレインと云われている真部さん(Ba)が予想以上にでかい。

EPの方は「LOVEずっきゅん」だけでアルバムの方は大体の曲を演奏。
3度の意味深なMCを含め新曲も3曲。

CDだと随分とギターの音も重なっていたのでどう再現するのか楽しみだったものの、このあたりはなかなか寂しい印象。
ポジションそこですかってのが結構ありました。

ちなみに、ライブを見る時はいつも後ろの方の音がよく聴こえるところを選んでゆったり楽しむのですが、
やたらテリトリーを死守しよーとするオッサンにくっつかれたり、斜め前で一人だけノリノリで動きまくるオッサン。
前に行きなさい。

そんなかんなの初の相対性理論。このところは前身バンド?の方の進行方向別通行区分の音楽を頻繁に聴いている。
YouTubeにあった十何回目の解散ライブを見る限り、今日のライブの数倍アグレッシブさがあった様に思える。
絶版の作品を再発して欲しい限りです。