otom

Heaven Knows What

Films: Dec.2017

category: Film, Movie, Soundtrack

tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Jan,02 2018 4:50 PM

2017年12月に鑑賞した映画の一覧。
お耽美から自滅型系と、なかなかアンニュイなラインナップの12月。
2018年も面白い映画を沢山観たい。

観た映画: 2017年12月
映画本数: 18本
鑑賞時間: 1665分

最後の晩餐

最後の晩餐

今年最後の飯テロ映画を再び。ソドムの市とは違って自滅型ではあるものの、どこまでもデカダンス。何という飽食系。テーマ曲と共に傑作。素晴らしい。

鑑賞日:12月31日 監督:マルコ・フェレーリ

ヴィオレッタ

ヴィオレッタ

バタイユを読んだ直後でタイムリーなテーマだった。ロード•オーシュとトイレの女王とな。実話だそうで、なかなかお耽美かつ壮絶な人生を送っていらっしゃる。幼女に負けじと現役で可愛いユペールおばさんに恐ろしさすら感じる。良作。

鑑賞日:12月30日 監督:エヴァ・イオネスコ

天使の涙

天使の涙

久々に。どこまでもアンニュイ。昔も今も嫌いじゃない。良作。

鑑賞日:12月29日 監督:ウォン・カーウァイ

EDEN/エデン

EDEN/エデン

そうやって人は死んで行くと。ラフ•トレードの鞄が時代を感じる。ありがちな挫折ではあるものの、チクチクと痛い一本。

鑑賞日:12月25日 監督:ミア・ハンセン=ラヴ

ジェラシー

ジェラシー

ジェラシーのある生活とない生活。ジェラシーされる方とされる方とな。人の心の移ろいやすさってやつは厄介だねぇ。親父と兄妹でなかなか雰囲気のある作品だった。

鑑賞日:12月23日 監督:フィリップ・ガレル

暴動島根刑務所

暴動島根刑務所

舞台はシネマ県なものの、同時期の広島のやつとテイストは似たような感じ。監督が一緒だから当たり前だけど。松方の奇怪な一挙一動が観られるだけで満足。早々に撲殺で出番が終わりの金子信雄だけが残念。良作。

鑑賞日:12月20日 監督:中島貞夫

ドリアン・グレイ

ドリアン・グレイ

ヘルムート•バーガーの方が観たかったけれども、ないのでこちらを鑑賞。これでもかってくらいに原作を改悪し尽くしていて、大分話が変わっている。オスカー•ワイルドの美意識とピリっとしたところが皆無で残念。

鑑賞日:12月18日 監督:オリヴァー・パーカー

ブレックファスト・クラブ

ブレックファスト・クラブ

心は死んじゃいないつもりだけれども、大人になってしまった事が哀しい。若い頃に観たかった。不思議ちゃん無双。なかなか良作。

鑑賞日:12月18日 監督:ジョン・ヒューズ

ザ・ブルード/怒りのメタファー

ザ・ブルード/怒りのメタファー

久々の鑑賞。シーバース然り、この頃のクローネンバーグは特にどうかしてる。傑作。

鑑賞日:12月14日 監督:デヴィッド・クローネンバーグ

マイ・ファニー・レディ

マイ・ファニー・レディ

隙がないと云うか濃縮されていると云うか。さりげなくペーパーなムーンも出ている。いささかウディ•アレンぽくもあるものの、やっぱり巨匠ボグダノヴィッチならびに製作陣もかなりの面子。隙がないのも納得の傑作。

鑑賞日:12月13日 監督:ピーター・ボグダノヴィッチ

フランシス・ハ

フランシス・ハ

トリュフォー観始めちゃったかと思う程。厳し目な現実の洗礼を浴びる微妙なお年頃。痛々しいまでの不器用さに妙に共感できるだけに、きっちりと締められるラストの少しの前進がホッとする。選曲も含めて良作。

鑑賞日:12月12日 監督:ノア・バームバック

Eva Doesn't Sleep

Eva Doesn't Sleep

他所の国の者としては最早マドンナの印象しかないエバ•ペロン。死後に至るまでの影響力をなんとも暗い感じで描く。実際のフィルムを混じえてとなかなか演出も良い。良作。

鑑賞日:12月11日 監督:パヴロ・アグエロ

マジック・イン・ムーンライト

マジック・イン・ムーンライト

『絶景でもいずれ滅ぶ』やら『罪を犯さずとも人は死ぬ』等々、さらっとキツめなアイロニーを挿入しつつ、きっちりロマンスと絶妙かつ安定の匙加減。ウディ•アレンこそがマジシャンみたいな。良作。

鑑賞日:12月08日 監督:ウディ・アレン

ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界

ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界

世界の終わりの前に家族が崩壊してしまったでござる。最小単位の人でも複数いるとタダじゃすまない。人それぞれに多種多様の性格で成り立つ世界に気付いてしまったエル•ファニング少女。ズッ友だよとキャッキャウフフしている初々しい時の方がどちらと云うと見ていて和む。良作。

鑑賞日:12月07日 監督:サリー・ポッター

Know Your Enemy

Know Your Enemy

プロパガンダだから仕方ないにしてもリサーチ不足だろ。しかしながら当たっている箇所も少なくないのはなかなか悔しいところ。フランク•キャプラだけになかなか面白かったのもまた悔しい。

鑑賞日:12月06日 監督:フランク・キャプラ

神様なんかくそくらえ

神様なんかくそくらえ

ちょっとズタボロが過ぎる。富田勲のスペーシーな音楽とで、なんだか別の次元の話のよう。NYのルンペンどもは『真夜中のカーボーイ』よろしく、願わぬフロリダを求めるのか。一瞬登場のアリエル•ピンクとサントラも大変良かった。良作。

鑑賞日:12月05日 監督:ジョシュア・サフディ,ベニー・サフディ

遥かなる勝利へ

遥かなる勝利へ

一応、続いてはいるものの細かい説明がないので、観ている側には色々と不親切な感じではある。ものの、コトフの漢っぷりで極太な芯が通ってるので、細かいとこはどうでも良くなってくる。良作。

鑑賞日:12月04日 監督:ニキータ・ミハルコフ

カティンの森

カティンの森

争いが終わっても自由にはなれないのだと、過去作共々に繰り返し訴える。冷血さってのはこうだと見せつけられる感じ。凄まじい。良作。

鑑賞日:12月03日 監督:アンジェイ・ワイダ